「どんぐり銀行」にどんぐりを預けに行こう

シェアする

この時期(ちょっと遅いかも)、
公園に行くと、よくどんぐりが落ちています。
子どもたちはどんぐり拾いをよくやります。
特に下の子は夢中になって拾います。

拾ったどんぐりは、家に持って帰る!と言います。
持って帰ったところで、工作するとか何かに使うでもなく、忘れ去られてしまいます。

父さんとしては、虫がわく(既にわいてる)かもしれないので、家に持って帰るのは嫌だなぁ、と心の中で思ってるわけですが…

そんな時、「どんぐり銀行」の存在を知りました。

スポンサーリンク

どんぐり銀行とは

お金ではなく、どんぐりを預ける銀行です。
換金できるわけではありません。
どんぐりの苗木と交換してくれます。

大きさや種類に関係なく、1個のどんぐりを
「1D(ドングリ)」とカウントし、預金通帳を発行し、どんどん貯めて通帳に記帳していきます。
穴が開いてたり、古くなったどんぐりはNGです。

100D貯まると、毎年の6月あたりに苗木1本と交換できます。(一度に2本まで)

「苗木を植える場所がない。」
「別に要らないです。」
と言う人は、言えば高知県大川村に代わりに植えてくれます。
どんぐり銀行本店が高知県大川村にあるためです。

どんぐり銀行窓口は全国の「どんぐり共和国」にあります。
「どんぐり共和国」というのは、
トトロなどのジブリ関連や、絵本のキャラクター商品を扱うお店です。
池袋サンシャインにもあります。

どんぐりを預けてきました

わが家で放置されているどんぐりを集めて、
どんぐり共和国へ行きました。

まずはトトロと戯れて、その後どんぐり銀行で通帳を作ってどんぐりを預けてきました。

その数「61D」!
以外とたくさんありました。
次回で100D達成するんじゃないかな。

預けられるので、父さんとしても
「どんどん拾ってきていいよ」
という気持ちになるので助かります。

でも、どんぐりの苗木ってベランダで育てられるのだろうか…??

どんぐり銀行についての詳細は、こちら。

どんぐり銀行のしくみ

http://benelic.com/company/system.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくのドングリ図鑑 [ 盛口満 ]

価格:1512円(税込、送料無料) (2016/11/22時点)

「どんぐり銀行」にどんぐりを預けに行こう
この記事をお届けした
パカパカ わが子の好きなもの日記を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする