「ガンバライジング」でスイミングもがんばれる!

シェアする

魚肉ソーセージ好きな子どもって多いですよね?
ウチの子たちもソーセージをよく食べます。

仮面ライダーゴーストのソーセージをよく買います。
これに仮面ライダーゴーストのカードが1枚オマケとして入ってるんですね。

上の子(5歳)はソーセージ好きですが、半分くらいおまけ目当てだったりします。
ちなみに下の子(2歳)は100%魚肉目当て(笑)
プリキュアソーセージもジュウオウジャーソーセージもおまけには興味なし。

そしてこのカード、ウチの子はただ眺めるだけでしたが、本当は「ガンバライジング」というゲームをする際に使えるカードです。

スポンサーリンク

「ガンバライジング」とは

正式名称は
『仮面ライダーバトル ガンバライジング』2013年10月31日より稼働スタート。

日本全国のアミューズメントコーナーや、デパートの玩具売り場などに設置されています。

・100円を筐体に入れ、遊びたいモードを選択。
・コンピュータと対戦と二人で対戦がある。
・コンピュータとの対戦の時、難易度は「かんたん」「ふつう」「むずかしい」の三種類ある。
・3レーンのフラットパネル形状の読み取り装置にカードを3枚スキャンする。
・カードを持ってなくてもOK。
・1回プレイするごとに1枚新たにカードが貰える。

ガンバライジングの大会なんかもあります。

ゲームとしては単純で、タイミングよくボタンを押せと言われたら押せばいいし、連打しろと言われたら連打すればいいし、カードをスライドさせろと言われればスライドさせる…。
それの繰り返しです。
5歳でもできそう。

レッツトライ!

ということで、ソーセージのおまけカードを握り締め、ガンバライジングが設置してあるショッピングセンターへ行きました。
ゲーセンデビュー(?)です。

結果、5歳でもガンバライジングはできました。
タイミング良くボタンを押すのはむずかしいみたいですが、難易度「かんたん」であれば、多分イヌでもクリアできます。

自分で選んだライダーが出てきて、アクションすることで、興奮のご様子。

そして新たに貰ったカードもゴーストだけじゃなく歴代の仮面ライダーが登場するので、これはカッコいいとかこれは強そうとか、家に帰ってからも並べたりして遊んでます。

▽すごいがんばってカードをスライドしまくってます(笑)

2回だけやらせて、この日は終了。
「まだやりたい!」
「スイミングをがんばったらまたやっていいよ。」
ということにしました。

スイミング帰りにガンバライジング
の流れができました。

でももうそろそろ仮面ライダーゴーストも最終回なんですね…