仮面ライダーエグゼイド第1話 ダサさは否定しないけど…

シェアする

放送前からその想像の斜め上をいく風貌で賛否分かれている(過半数が「否」ですが…)という噂の…

「仮面ライダーエグゼイド」が始まりました。

スポンサーリンク

放送前の反応

まず「仮面ライダーエグゼイド」をご存知ない方はこちらをご覧下さい。

かなりパンチの効いた風貌です。
もはや仮面ライダー関係ないんじゃないかと思われるかもしれません。

批判されるのも無理ないです…。
レベル1の三等身姿は「なんだこれ」って感じです。

設定も、
「医者でゲーマーってどんな設定やねん」

映像も、
「CG使いすぎでリアル感なし!」

など、ボコボコに言われています。

もちろん肯定派や中立派(今後に期待)もいます。

ただ、「仮面ライダーゴースト」も最初は同じく「なんだこれ」的な感じで嫌われてスタートしていた…と思います。
でも一応それなりに人気を集め、晴れて最終回まで走り抜きました。

きっとエグゼイドも最初は違和感の塊だけど、そのうち平気になってくるはずです…。

という思いもあり、父さんとしてはある意味たのしみでした。
子どもたちは「カッコいい!面白そう」と絶賛なので純粋に楽しみにしていました。

エグゼイドを見終えて

子どもはかなりウケてました。

私としては、
「仮面ライダーはこうあるべき!」みたいな考えもなく、今までの歴代の仮面ライダーは忘れて、これはこういうモノとして観てました。
これはこれでありなんじゃないかな、と思います。

見た目のダサさは否定しません。確かにダサいと思います。

ただまぁこれからきっと、
頼れる主人公に成長し、ライダー達もレベル1から成長し、どんどんカッコよくなっていくのだと思います。

ある意味、伸びしろがいっぱいあるって事で、これからに期待です。

でも
スーパーマリオみたいにピョンピョン飛び回りながら戦うので、なかなか子どもは真似できないんじゃないかな…。

ちなみに仮面ライダーエグゼイドの変身ベルトはこれ

ゲーム機とゲームカセットをモチーフにしています。
ゲーム機にあたるのが変身ベルト、その名も「ゲーマドライバー」
変身ベルトに装着するゲームカセットのようなものが、その名も「ガシャット」

仮面ライダーゴーストでいう「ゴーストドライバー」と「眼魂(アイコン)」ですね。

眼魂(アイコン)は400円だったのに、ガシャットは1200円くらいするんですね。
これは集めるとなると大変そうです。
この先色んな種類が出るでしょうし。

やっぱり欲しいってなるのだろうか
今のところ欲しいってなってないけど…。

仮面ライダーエグゼイド第1話 ダサさは否定しないけど…
この記事をお届けした
パカパカ わが子の好きなもの日記を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする