「カミワザワンダ」関連おもちゃ満載でお父さんピンチ!

シェアする

てれびくんで情報を仕入れ、
上の子は「カミワザワンダ」に興味を持った模様。
父さんも全く知りませんでした。

「てれびくん」の付録DVDに第1話が収録されており、観てみたところ気になったようです。

スポンサーリンク

カミワザワンダとは

カミワザワンダ第1話

◆ストーリー

あらゆる出来事がプログラム化され、“プロミン”と呼ばれる不思議なモンスターのおかげで社会の仕組みが成り立っている世界で、日常生活に不具合(バグ)に発生する事件が発生する。
犯人は、プロミンがバグ化したモンスター“バグミン”であることが発覚したが、その被害はまたたく間に世界規模へと拡大。少年ユートと宇宙犬ワンダが、バグミンを捕まえるべく立ち上がる。

◆キャスト

ワンダ:山口 勝平
ユート:國立 幸
ユ イ:久野 美咲
ミライ:三森 すずこ
シュウ:真堂 圭

◆毎週土曜あさ7時 TBSで放送中!

TBS製作のアニメ番組が全国ネット放送されるのは13年ぶりらしいです。
関連おもちゃから主題歌からかなり熱を入れてるプロジェクトだということがうかがえます。

基本的な流れとしては、悪さをする「バグミン」をサーチ(探索)して見つけ出す。
キャッチ(捕獲)してデバッグ(浄化)する。
「プロミン」という仲間になり、カードとして携帯できる。
タッチ(召喚)で好きなときに呼び出すことができる。

カミワザワンダのメインは、
上記の一連の流れで使用するカミワザショット・カミワザフラッシュなどの「カミワザガジェット」と「カミワザプロカ」。

カミワザプロカにはNFCチップが搭載、
カミワザショットにはNFCリーダー・ライタが搭載されている。
カミワザショットにカミワザプロカを近づけると召喚音声などのギミックが作動し、遊べば遊ぶほどカードも成長し、光と音が変化する。

アニメを初めて観てみて

流れは割とポケモンや妖怪ウォッチと似ています。
毎回新しいバグミンが出てきて、どんどん仲間を増やしていく。仲間の能力を駆使してさらに新しいバグミンと戦っていく。

主人公ユートをサポートしてくれるワンダは、数多くの作品で声をあてているベテラン声優「山口勝平さん」
今回のカミワザワンダでの声の出し方が独特です(笑)
こんな声出せるんですねー、って感じ。
さすが幅広い!

主題歌は「ワンダナンダ!?」歌っているのは「DAIGOさん」
作詞作曲もされていて、カミワザワンダへの熱い思いが伝わってきます。
キャッチーで子どもにもウケます。
ウチの子どもたちも一緒に歌っています!

通常盤■V.A. CD+DVD【カミワザ・ワンダ SONG COLLECTION 〜ワンダナンダ!? 〜】16/9/21発売【楽ギフ_包装選択】【05P03Sep16】

おもちゃも欲しいってなるでしょうね…
この流れは。
ちなみに「てれびくん」の付録としてカミワザプロカが1枚入ってました…
これがきっかけになりそうです。

▽カミワザショットはこんなの